眼瞼下垂を大阪で手術しました

瞼が垂れ下がり始め視野が狭く見た目も悪くなった

眼瞼下垂 大阪眼瞼下垂手術| 大阪

瞼が垂れ下がり始め視野が狭く見た目も悪くなった大阪のクリニックで両目とも眼瞼下垂の手術を受ける術後は以前の綺麗な目になってコンプレックスが無くなった

眼瞼下垂はかなり歳をとってからなるものだと思っていましたが、想像していたよりも早い段階で症状があらわれてしまい、見た目にも良くないと感じたので手術を受けることに決めました。
最初に瞼が垂れ下がり出した気がしたときには、手術するほどでもないと考えていたのですが、症状がひどくなるにつれて視界が狭くなって困るようになったこと、瞼が垂れ下がることでかなり老けて見えることが気になりました。
家族に相談したところ、見た目も気になるだろうし、放置しておくことも良くないそうだから施術を受けるべきだと言ってもらったので、手術することにしたのです。
大阪にある自宅から近いクリニックで施術を受けることができるようだったので、そこを訪れました。

フロムビーでしてもらった非切開目つき矯正もう1年経たんくらいやけど
片方は末広がりで片方平行で平行の方眼瞼下垂緩いのか全然開かへん😭😭😭
どっか大阪で眼瞼下垂上手なところありませんか😭 pic.twitter.com/WLgF1EIl7y

— 🐰びっぐべいびー🐰 (@ya_ma_da_desu) April 17, 2020
診察を受けると長年ハードコンタクトを使用していることも原因かもしれないと言われました。
確かに、学生時代からハードコンタクトを愛用していたので、その影響が出てしまったのかもしれません。
症状としては軽度と中程度の症状の間くらいだと言われましたが、放置しておくと重度の眼瞼下垂を引き起こしてもおかしくないという話だったので、早めに施術してもらうことに決めたのです。
自分の眼瞼下垂は右目だけだと思っていたのですが、医師の話を聞くと両方とも垂れ下がっていることが発覚しました。